葬儀の流れ

1.ご連絡

24時間電話受付しておりますのでまずは、慌てずにおおばセレモニーへお電話下さい。

ケースとして病院で亡くなることが多いですがその際、病院によっては出入りの葬儀社がいる場合がありますが何も慌てる事はありません。

まずは おおばセレモニー へご連絡ください。

2.ご搬送

ご連絡をいただきましたら迅速に対応させていただき夜間でも皆様のもとへ駆けつけます。

状況にもよりますがご自宅にお留守番の方がいらっしゃいましたらこの時にお布団の準備を連絡しておくとよいでしょう。

3.ご安置

ご自宅(もしくはご指定の場所)に着きましたらご安置させていただきます。

その際各ご家庭の宗旨・宗教に合わせお参りのご準備をさせて頂きます。

ご事情によりご自宅にご安置ができない場合は当社の安置所にてご遺体をお預かりさせていただきます。(有料)

4.お打合せ

お打ち合わせはまず日程を決定します。
時間帯にもよりますが多くの火葬場が先着順の受け付けになります。

菩提寺(仏式の場合)、親族の方々の都合や式場の空き状況を確認後最優先して決めることになります。

日程が決まった後は時間の限りご家族のご希望、故人のご意向も含めて皆様の思い描く理想の葬儀をゆっくりつくって参ります。

5.ご納棺の儀

納棺 はこれまでお通夜の当日に納棺するケースが多いです。
しかし最近ではそうでもなく季節の関係や式場の都合で通夜の日まで何日も空いてしまう場合は先に納棺することをおすすめ致します。

納棺することによって故人のお身体が傷まないからです。

「ドライアイスを当ててれば大丈夫でしょう」と、言う方もいらっしゃいますがドライアイスは全身に当たっている訳でなくごく一部になります。

納棺することによって昔で言う冷蔵庫(氷を入れていた)のような状態になり傷みが軽減することができるのです。それは早ければ早いほどよいと考えられます。

参考までに最近ではエンバーミングという処置方法もありますがまだ日本では多くなく費用などの面からごく一部の方が行っております。

6.お通夜

お通夜は最近では午後6時が多くなっておりますがお付き合いの関係で午後7時からの場合や家族だけなので午後5時から行うこともあります。

家族はお通夜開式の約1時間半前には式場に到着するのがよいでしょう。
開式の1時間前には親戚の方や受付などをお手伝いいただく係りの方がお越しになるからです。
遺族はその方たちをお迎えするのが丁寧かと思います。

式場につきましたら係りの案内のもと控室へ行き開式までの間お過ごしいただきます。
開式の大体15分前には式場に入場します。

仏式の場合の一般的な式次第として
一、導師入堂
一、読経
一、遺族・親族焼香
一、会葬者焼香
一、読経終了
一、導師退堂

以上の流れが多いかと思います。
神道やキリスト教、無宗教などは上記と異なりますのでご相談ください。

7.葬儀・告別式

告別式は火葬場の時間によって左右します。

集合時間等は通夜と同じく開式の一時間半前が理想かと思います。

告別式の式次第は仏式で一般的な場合

一、導師入堂
一、開式
一、読経
一、遺族焼香
一、会葬者焼香
(一、時にはここの時点で繰上初七日法要を行うこともあります。)
一、読経終了
一、葬儀閉式
一、故人とのお別れの儀(花入れ)
一、出棺の挨拶(喪主もしくは遺族代表)
一、出棺

以上の流れになります。
これも他の宗教によっては異なります。

8.火葬

火葬場では到着から約1時間半くらい出発までかかります。
火葬時間は大体1時間くらいなのですがお骨を拾う、収骨やバスなどの乗り降りで時間を要します。
式場が火葬場と一緒の場合は短縮されます。

流れとして
火葬場到着 → 火葬炉へ → 控え室へ → 火葬終了 → ご収骨 → 出発
以上の流れになります。

最近では火葬の時間を使ってご収骨後に行う精進落とし(二日間葬儀に携わってくれた方々に家族が最後に振る舞う食事)を火葬中に行うケースもあります。

本来は葬儀、火葬も終わってすべての最後にするのが通例でしたが家族葬やその他の方の都合により火葬中のケースも多くなってきております。

9.繰上初七日法要・精進落とし

火葬場から戻ってきて繰上初七日法要を行います。
初七日は亡くなった日を「1」を数え七日目をいいます。

本来は当日に行うのですが葬儀当日に行うことが多くなっております。

繰上初七日法要終了後に精進落としとなります。
精進落としは遺族が二日間葬儀に携わってくれた方へ感謝の思いで振る舞う食事になります。

10.ご帰宅

すべての行程が済み慣れ親しんだご自宅に帰ってきます。

故人のお骨をご安置し終了になります。