節分

節分今年は大寒の前から大雪でしたね。寒かったり、暖かかったりの日々ですが

体調くずされていませんか?

暦の上では、もうすぐ立春。春の字が気持ちを暖かくしてくれそうですが・・・

やっぱりまだまだ寒いはず。気を抜かず元気に過ごていきたいです。

さて、立春の前日は節分ですね。

立春、立夏、立秋、立冬の前日をそれぞれ節分といわれます。

特に春を迎える前を重要と考えられ、2月の節分が行事として残ってると言われています。邪気を払い

無病息災を願う意味が込められています。

子どもの頃の節分は豆まきの後、自分の年の数の豆を家の近くの十字路の真ん中に置いて帰ってくるという、

行事でした。変ってますよね。これが怖いんです。帰り振り返っちゃだめなんですから、鬼が追いかけてくると言われてて・・

節分の記憶は雪が降ってて、十字路にある街灯がほわーっとしてて、怖くて・・・

という感じでした。次の日豆はなかったですね。鬼が持って行ったと思ってたのですが、雪が降りますし、除雪車も・・・

北海道なので、落花生です。捲いて拾って食べるんです。合理的?なのかな

一般的な福豆は神社で豆まきに参加するともらえました。紙に包まれた福豆を。今でも捲くのは落花生ですが食べるのは大豆で。

年の数だけ(+1個)食べるのは落花生だと難しくなってきてて・・

それと節分といえば恵方巻き。名古屋に住んでた時に、取り入れました。今は全国区ですね。

願い事しながら、家族が同じ方を向いてもくもく食べるのは、正直、最初異質な空気でしたが、今は平気です、慣れました。

今年の恵方は南南東。願い事は家内安全で。(N・M)