すっかり夏ですね

例年より、早い夏日続きでお疲れではありませんか?

早いものでもう6月になりました。

夏休みの旅行のスケジュールも気になりだす頃ですが、

やはりこの時期は、お盆の準備も欠かせませんね。

今日は、お盆の迎え方として、精霊棚(しょうれいだな)とは?

を調べてみました。

盆飾りと、一般的にいいますが、精霊棚は亡き人々をお迎えする聖域です。

まつりかたは、

真菰(まこも)のゴザを敷いて左右に青竹をたて、縄を張りほうずきなどをつるします。

真菰の上におがらか、割りばしで四本の足をつけたなすの牛や、きゅうりの馬を飾ります。

先祖の霊がきゅうりの馬に乗ってやってきて、なすの牛に乗って帰っていくと云う言い伝えから

作られるそうです。bon_shorei

まこもは、病気を治し、邪気を払うといわれています。おがらは、玄関先で燃やし、道に迷わないように

明るくしてあげます。

私が子供のころは、七夕かざりといつもなすときゅうりの牛馬がいました。

(北海道は8月が七夕です)祖母がおもちゃのような感じで作っていると思っていましたが、

盆飾りだったんですね。

何年も見かけなくなりましたが、いろんな意味がある

風習は、残していけるといいなと思います。

 

おおばセレモニーでは、お盆の飾り付けも行っております。

お盆飾りセット、ちょうちんなども取り扱っています。

どうぞご用命くださいませ。