お盆

提灯 寒梅雨が、続いていますね。台風もトリプルで発生していて、被害がでないといいのですが、

 心配なお天気です。

 来週は、新暦のお盆です。旧暦の8月が、お盆の地域が多いので、まだ一ヶ月ありますが

 東京は7月、あと静岡もそうでしょうか。

 新盆を迎えるお宅では準備されていますか?

 新盆とは、49日が過ぎてから初めて迎えるお盆のことです。

 仏壇の前や軒先に提灯を飾り、その灯りによって、迷うことなくたどり着いてもらう意味が

 込められています。迎え火といわれるものです。

  新盆の提灯は白いものを用意して、これは、その年に処分します。

  それと盆提灯は、きれいな花が描かれていたりデザイン性が高いものがたくさんでていますね。

  これは、毎年つかうものなので、飾る部屋に合わせて選ぶといいと思います。

  地方によっては、灯篭流しの行事が、行われるところもあります。これは、送り火の一つです。

  贈る場合は、宗派は関係ありませんので、好みでいいでしょう。1対でなくても構いません。

 

    ご相談承ります。何なりとご用命くださいませ。