やがて来るその日のために

最近の葬儀事情

最近はこれまでと同じようなご葬儀を行う方の他に遠い親戚や近所の方に知らせず小人数で行う家族葬や通夜告別式を行わないで火葬だけする方が多くなってきました。
これには社会事情が大いに関係していると思います。
少子化や高齢者夫婦の世帯増加などで実際葬儀を行っても集まる人が少ないことから親近関係者だけでご葬儀を行うようになってきているのです。

 

家族葬について

現在、「家族葬」という言葉をよく耳にします。弊社でもお客様のご依頼が「家族葬でお願いします。」と、ありますが、そもそも家族葬とはどのような葬儀なのでしょうか?

家族葬に定義は無く、それぞれがイメージするところが家族葬と言えます。私たちがお客様とよくよく話してみると以下様なイメージがあります。

1、対象者(亡くなりそうな方:以後対象者と表記します。)が、老健や特養(老人ホーム)に入所しており、今までの生活していた社会から離れ昔ながらの人間関係(お付き合い)がなくなった。葬儀をしても子供や孫までしか参列しない近親者のみで行う葬儀。

2、葬儀に多くの人が参列すると、葬儀代金が増えるだけでなく香典返しなどが煩わしいので家族のみ。または親しい人だけ声をかける。

3、対象者は、子供も居なく、お付き合いもそれほどなかったので、兄弟が葬儀して、お墓は実家に入る。

以上、その他にも多々ありますが上記が代表的でしょうか。

1と3は、確かに家族葬で行ってもよいかもしれません。しかし2のタイプの場合はいくつか、確認した方がよい点があります。

まず、対象者がお付き合いが多くある場合、家族のみで葬儀を行いあとから以下の事が発生するかもしれません。

「故人にはお世話になったので、お線香をあげに行きたい。」
「故人とは親しくさせていたぢていた。なんで知らせてくれなかったのですか?」

など、葬儀を終えてから多くの問い合わせや対応に手を煩わす場合がありました。

次に、親しい人だけに声をかけたことで、人伝えで話が広まり、10名~20名くらいの予定が100名を超える会葬者が訪れお返しものや料理などの対応が出来なく苦慮したケースもあります。

以上の事から、声をかける先には十分に注意が必要です。

家族葬のイメージは、人それぞれあると思います。もし2のケースのように多くのお付き合いがある対象者なら、葬儀を行う労力は同じなので普通に声かけして葬儀を行うことをお勧めします。
最近では、葬儀社への支払いは以前に比べ費用負担が安くなっている中で、会葬者が多く来た方が葬儀代金の家族負担が減っていくのです。
葬儀社のコーディネートにも寄りますが、弊社で施行した方で100名以上の会葬者がある時は、家族負担が少なくなります。それは上記にあった1や3のケースよりもです。お返しものの金額設定や仕出し料理の設定の仕方でいくらでも調整が利きます。是非と一度ご相談ください。

 

葬儀費用の大枠

葬儀社への費用
祭壇、お棺、ドライアイス、受付用具など必要備品
霊柩車(病院からご自宅、ご自宅~葬斎場、葬斎場から火葬場)
仕出し料理などの飲食
通夜振る舞い、お清め
火葬後などに召し上がる 精進落とし
お返し物
会葬者へお渡しする会葬返礼品
お香典のお返し
宗教者への御礼
仏教であれば「御布施」神道では「祭祀料」

一般的なご葬儀の例

家族構成:故人 父 83歳 妻79歳 長男58歳 長男嫁57歳 次男夫婦 孫4人 その他親戚約20名
会葬者:通夜約50名 告別式20名
場所:所沢市斎場
亡くなってから4日後通夜その間は自宅にて安置

葬儀費用
1,374,200円
葬儀者への支払い
358,000円
仕出し料理(飲料代含む)
245,000円
お返し物
会葬品52,500円
引き物308,700円
お布施
350,000円
その他式場使用料など
約60,000円

「家族葬ご葬儀の例1」

家族構成:故人 父 75歳 妻74歳 長女53歳 次女50歳 その他親戚約3名
会葬者:子供友人2名
場所:所沢市斎場
亡くなってから3日後通夜その間は自宅にて安置

葬儀費用
245,000円
葬儀者への支払い
125,000円
仕出し料理(飲料代含む)
245,000円
お返し物
会葬品なし
引き物なし
お布施
350,000円
その他式場使用料など
約60,000円

「家族葬ご葬儀の例2」

家族構成:故人 母91歳 長男69歳 長女70歳 その他親戚約8名
会葬者:なし
場所:自宅
亡くなってから2日後通夜

葬儀費用
245,000円
葬儀者への支払い
125,000円
仕出し料理(飲料代含む)
245,000円
お返し物
会葬品なし
引き物なし
お布施
350,000円
その他式場使用料など
約60,000円

「親近者で火葬だけの場合」

家族構成:故人 母83歳 長男56歳 長男妻 その他親戚約6名
会葬者:なし
火葬場:所沢市斎場
場所:自宅
亡くなってから2日後通夜

葬儀費用
166,150円
葬儀者への支払い
106,550円
火葬待合室 飲み物乾き物
2,600円
お返し物
会葬品なし
引き物なし
お布施
50,000円
その他 火葬料など
約7,000円

お布施のいろいろ

お布施って?
  • お布施とは一般的に仏教の導師、住職などにお渡しするもの全てをお布施と言います。
お布施の金額について
  • 葬儀の場合
    通夜の読経、告別式の読経、戒名料とあり戒名の位によって金額が異なります。
  • 法事などのお布施はそのときどきによってですが3万円、5万円、7万円、10万円~の単位がおおいいです。

お布施のいろいろ

  • 戒名なし
    通夜、告別式の読経料
    戒名を付けず生前の名前「俗名」で行うご葬儀
    約20万~
  • 信士・信女
    男性=信士
    女性=信女
    読経料と戒名料
    約35万~
  • 居士・大姉
    男性=居士
    女性=大姉
    読経料と戒名料
    約50万~
  • 院居士
    院大姉
    男性=院居士
    女性=院大姉
    読経料と戒名料
    約80万~

エンディングメートをつくってみよう

エンディングノート(遺言ノート)とは自分に万が一のことがあったときのために書き残しておく、もしものときのためのノートです。

エンディングノートは最近、NHKや朝日新聞等マスコミでも話題になっているので御存じの方も多いと思います。

「お葬式はこんな風にしてほしい。」
「ただ延命のためだけに生きるのはいやだ」
「妻、夫、子供に伝えたいメッセージがある。」

など様々思いを書き遺しておきます。

また、これは高齢者だけでなく働き盛りの人や家の事は何も分からないご主人のために奥さんが書きとめておくなど役立つ点がたくさんあります。
書店などでも売っているので一度書いてみてはいかがかと思います。

エンディングノート例は下記になります。
エンディングノート表紙

  1. エンディングノート<自分史>1~17P    PDFダウンロード(1.80MB)
  2. エンディングノート<医療・介護>18~25P PDFダウンロード(306KB)
  3. エンディングノート<財産・相続>26~39P PDFダウンロード(451KB)
  4. エンディングノート(葬儀)40~49P    PDFダウンロード(225KB)

これからの社会問題(孤独死・無縁死)

  • 亡くなっても遺骨の引き取り手がない「無縁仏」が、宇都宮市内で増加傾向にある。
    同市生活福祉課によると、10年前は1けた台だったのに対し、2008年度は46人にまで増加。
    本年度も既に31人に上っている。行き倒れなどの身元不明者はごくわずかで、家族や親族が引き取りを拒むケースが多いのが最近の特徴だという。
  • 無縁仏となる人は、1998年は身元不明者5人を含む計6人だった。
    しかし、ここ数年、増加傾向をみせ、2005年には50人に。
    このうち、身元不明者はわずか3人で、ほとんどが引き取りを拒否されたケースだった。
  • 今年3月に自殺した30代男性は、両親がともに亡くなっており、市が親族を見つけ出して引き取りを求めたが、「もう長い間付き合いがなく、縁も切っている」と断られた。
  • 県医事厚生課によると、県内では宇都宮市以外に、無縁仏が大幅に増加した自治体はないという。
    「都市部で、家族などの人間関係が希薄化していることの表れだろう」(市生活福祉課)という。
  • また、無縁仏となる人の中には、生活保護受給者が少なくない。
    08年度は46人のうち、30人が生活保護を受けていた。
    同課は「長引く不況も影響している。少子高齢化、核家族化などさまざまな要因もあり、今後も増加していくのではないか」とみている。

以上の事から日々日頃からの人間関係、人付き合いは大切なことである。